NUGGとは

私たちは岐阜市を中心に、地下水のもつ熱エネルギー・地中熱の利用普及、貴重な水資源である地下水の保全を目的に、企業、大学、自治体が連携して活動を行っている特定非営利活動法人(NPO法人)です。英文名の頭文字をとってNUGGと略称します。

     英文名 Network for Utilization of Geo-heat and Groundwater Resources  (NUGG)


- 活動報告(2016年度) -

2017年2月24日(金)

岐阜市内の小学校を訪問して出前授業をしました。

   岐阜市立岐阜小学校の5年生を対象に出前授業をしました。私たちのNPOとしては初めての経験です。きっかけは、昨年11月に開催された「岐阜市まるごと環境フェア」のブースで父兄の方から、「是非、子供が通う学校で岐阜市の地下水や地中熱の話をしてほしい」、という声をいただいたからです。当日は、香田理事長が自ら大役を買って出て、約60名の児童と、ご父兄の前で45分間、「地下水ってな~に?」というテーマでやさしく話しかけをしました。これからも機会をいただいたらNPOの新しい活動の一つとして積極的に取り入れていきます。

 


2017年2月11日(土)

第5回トークセッションを、公益社団法人日本地下水学会などと共同で開催しました。

テーマ 「見えない巨大水脈、地下水の今を考える」

会場 「じゅうろくプラザ」会議室

     講 師 共同通信社 井田徹治さん

          東京大学   徳永朋祥さん

                岐阜新聞に開催案内を掲載していただきました(2017.1.20朝刊)

 


2016年11月20日(日)

第15回岐阜市まるごと環境フェアに出展しました。

 会場は、「みんなの森メディアコスモス」。正面玄関を入ったすぐの場所でパネル展示を行いました。大勢の市民に展示ブースへ足を運んでいただきました。また、パネル展示とわせて地下水に関するクイズも行い、小学生が保護者と一緒になって積極的に問題に挑戦していただきました。

 

        細江岐阜市長の開会あいさつ                             展示ブース


2016年10月12日(水)~13日(木)

第6回「全国地中熱利用促進地域交流2016愛知 ~地中熱利用による地球温暖化対策~」の後援

中部地中熱利用促進協議会、及び特定非営利活動法人地中熱利用促進協会の主催により名古屋市で開催され、NUGGは後援団体として開催の運営をサポートしました。当日は香田理事長、大谷副理事長をはじめ多数の会員が参加しました。

 

         シンポジウムの開催                         来賓の大村愛知県知事


2016年6月4日(土)

第4回通常総会を開催しました。

   第4回通常総会を10時からじゅうろくプラザで開催しました。香田理事長の挨拶のあと、昨年度の事業報告、今年度の事業計画などが議論されました。審議終了後、日比野淳二さんから「岐阜市と地下水の関わりを振り返る」、というテーマで話題提供がありました。


2016年4月23日(土)~24日(日)

第17回大垣市市民環境フェスティバルに参加しました。

          

◇2日間にわたり大垣市環境会議の主催で、多数の市民団体、高校生、企業が出展して大垣城ホールで開催されました。私たちNPO法人は立ち上げから毎年出展をしており、今回が4回目になります。 

 <テーマ>

    暮らしを変えて 未来に夢を
      ~きれいな水 つなげよう!川へ 海へ そして未来へ~

 

◇今回は、これまでのパネル展示と合わせて地中熱を利用した足湯の体験コーナーをゼネラルヒートポンプ工業(株)さんの協力で初めて設置しました。お年寄りは足を浸けて健康談議に花が咲き、こどもたちははしゃいで大喜びでした。

 

  ◇会場風景をご覧下さい。   


 - 活動報告(2015年度)

2016年2月11日(木・休日)

第4回トークセッションを開催しました。

          

            広瀬慎一さん                                 神谷浩二さん

                              トークセッションの一コマ                           永井 豪さん


2015年11月22日(日)

 岐阜市まるごと環境フェアに参加してパネル展示を行いました。

この夏に新しくオープンした「みんなの森ぎふメディアコスモス」では、セミナーに合わせて会場入り口近くでNUGGのポスター展示を行いました。

 

NUGGでは毎年出展をして市民の方に貴重な資源である地中熱のPRを行っています。今回も多くの市民の方がパネルの前で足を止めていただき、ありがとうございました。

                                     会場風景


2015年8月20日(木)

 第2回地下水・地下熱資源強化活用シンポジウムを開催しました。

 地下水・地下熱資源強化活用研究会と共催して開催したシンポジウムには230名の方に参加していただきありがとうございました。

 当日は、「地下水の熱利用がひらく近未来農業」をメインテーマにNHK解説委員の合瀬宏毅さんの基調講演のほか、全国各地で進められている農業ハウスでの実証事例が紹介されました。日本の農業の転換期に地下水資源が熱エネルギーとして大いに利用されることを期待したいと思います。

 会場の様子は岐阜放送のテレビニュース、岐阜新聞の記事で紹介されました。

(写真説明)

会場風景/佐藤健・実行委員長の挨拶/合瀬宏毅さんの基調講演/シンポジウム


2015年6月13日(土)

 第3回通常総会を開催しました。

昨年度の活動報告、会計報告、役員の交代、今年度の活動計画、予算案が全会一致で承諾されました。


2015年6月3日(水)

 地下水を利用した農業施設を見学しました。

地中熱の農業利用をメインテーマに8月に開催するシンポジウムの準備の一環として、岐阜市内のある農業生産法人「わかば農園」の見学会を実施しました。参加者は8名、ふだん接する機会が少ない施設の見学であり、全員白衣に着替えて工場内を回りました。


2015年4月29日(祝)

 大垣市市民環境フェスティバルにパネルを展示しました。

今年も、大垣市の大垣城ホールで開催された「環境市民フェスティバル ~暮らしを変えて未来に夢を~ 」にブースを出してパネル展示をしました。たくさんの参加者がパネルの前で立ち止まり、地中熱に関する質問を受けました。